2007年12月04日

スタイリング剤の選び方

 スタイリングの剤の選び方ですが、皆さんはとりあえずワックスでもつけておけばOKと思っていませんか?今回はスタイリング剤別にお話をさせて頂きます。

ヘアワックス
今のところ一番便利なスタイリング剤。毛束感を出したり、毛先を遊ばせたり出来る。セット力の強いハードタイプから、香りを付けるだけのソフトタイプまで種類も豊富。しかしヘアスタイルに合った物をチョイスしないと失敗も多い。
おすすめのワックスはコチラ
色々選べます。

ヘアスプレー
昔からあるスタイリング剤。前髪をふわっと作ったり、完成したヘアスタイルをキープするための仕上げなどに使われる。かけ過ぎると匂いがきつくなる。
おすすめのスプレーはコチラ
匂いがソフトです。


ヘアクリーム・ヘアミルク
髪を固めず、柔らかに表面を整え、潤い感をキープする効果がある。
セット力が殆どないので、固めようとして多くつけ過ぎると、ベタベタしてしまい逆効果。
おすすめヘアクリームはコチラ
王道ですね。

ヘアウォーター
寝癖を直したり、スタイリングをしやすくする。ドライヤーの熱から髪を守る成分を配合したものもある。しかし、殆どの美容師はヘアウォターで寝癖を直すよりも、髪をシャワー等で全体的に濡らしてしまった方が、全体的なスタイリングをし易いと思っている。
おすすめ?ヘアウォーターはコチラ
無難かな


ヘアフォーム・ムース
ワックスが売れる前は主流だったスタイリング剤。ストレート用・パーマ用・ダメージケア用など色々なタイプがある。伸ばしやすく髪全体に使いやすい。しかし、乾いてから指やブラシを通してしまうと、パサパサしてしまったり、白い粉が出て来てしまったりすることがあるので、つけた後は触らないのが鉄則。
おすすめヘアフォームはコチラ
サロンでも使ってます。


posted by 美容師 at 18:03| スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップページに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。