2008年02月26日

メンズヘアスタイル

 メンズのヘアスタイルってお客様は、意外といい加減になりがちです。「いつもと一緒で」とか「少し短めで」など、おまかせ的なオーダーが多いです。

 おまかせにされると、スタイリストはあまりリスクを犯してまでカットをしようとは思わないのでしょうか?突拍子もないスタイルで驚かれるよりも、無難なスタイルでご機嫌をうかがってしまいがちです。

 ですから、サロンに行くときはある程度スタイルは考えていった方が良いと思います。「ちょっと短くしたいけれど、遊びのあるスタイルにしたい」とか「いつもWAXを使うからモヒカン気味で会社にもいけるようにしたい」など、多少、無理難題を言った方がスタイリストは燃えるのと思います。


posted by 美容師 at 20:31| メンズ ヘアスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

自宅で出来るヘッドスパ

 今回は自宅で行う贅沢なヘッドスパの方法です。
まずはシャンプーとスキャルプ系のトリートメントを用意してください。スキャルプ系とは、地肌や頭皮の為のトリートメントです。

普通のトリートメントは頭皮に塗ってしまうと、毛穴が詰まってしまったりして逆効果になってしまうのですが、スキャルプトリートメントはガンガン頭皮につけてOKなトリートメントです。

その他に用意するものは、頭に巻くタオル、お気に入りの入浴剤、そして何よりゆっくりお風呂に入れる時間を作ってください。

自宅で出来る贅沢なヘッドスパ

Tバスタブにお湯をためる。
 ぬるめのお湯(38℃〜40℃)にお気に入りの入浴剤を入れてください。

Uシャンプーをする。
 最初に予洗いとして、シャンプー前に一分ほどお湯だけで髪を洗います。
予洗いが済んだらシャンプーをつけて軽く泡立てます。全体的に泡が立ったら一度シャワーで軽く流してしまいましょう。これで髪の汚れは殆ど落ちてしまいます。

次にもう一度シャンプーをつけます。シャンプーの量は最初の半分位で良いでしょう。最初と同じように全体的に泡立てを行ってから、髪全体を軽く指ではじくようにマッサージをします。
それから頭のツボを押してみましょう。ちょっと痛いけれど気持ちいい所がツボです。ツボの指圧でさらにリラックス感が増し、気持ちが落ち着きます。

ツボ押しが終わったら、シャワーでよく流してください。シャンプーにかけた時間と同じか、少し長い位の時間をかけて流してください。

Vスキャルプトリートメントの前に代謝を促すリラックスタイム。
 半身浴でリラックス。時間の目安は20分〜30分、のぼせない程度にしてください。読書やハンドマッサージなどゆったりと時間をすごしてリラックスしてください。こまめな水分補給をしてあげると代謝の効果が上がります。

Wスキャルプトリートメントをつける。
 頭皮を中心に毛先まで贅沢にトリートメントをつけましょう。トリートメントをつけたら、軽く絞ったタオルをターバンのように頭に巻いて、2分から3分バスタブに入りましょう。こうする事で毛穴も広がり、毛穴の汚れが落ちやすくなってきます。

Xスキャルプトリートメントを流す。
 タオルを取り、地肌を中心によく洗い流してください。
トリートメントが顔や肩などに残っていると、にきびなどの原因となってしまうのでトリートメントを流してから顔や体を洗うことをお奨めします。

以上が自宅で出来る贅沢なヘッドスパの方法です。疲れているときなどに是非やってみてください。
posted by 美容師 at 06:49| ヘッドスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

ヘッドスパって何?

 毎日、シャンプーをキチンとしていても、頭皮の毛穴には老化した皮脂が溜まっているもの。その汚れをゆったりリラックスしながら、しっかりサッパリ落とすのが「ヘッドスパ」。いわば、“頭皮と髪”のトリートメントメニューです。

頭皮の状態を良くし、健康な髪の毛を育てるのが一番の目的ですが、頭皮マッサージで実は小顔にもなるんです。フェイスラインがリフトアップされるので、あごやほほがシャープになり、全体的にむくみがとれスッキリした印象に。また、リラクゼーションによる癒し効果もバツグンです。

髪は女の年齢を物語るもの。コシとハリのある美しい髪をヘッドスパで手に入れて。また、顔と頭皮は地続きに繋がっているので、顔と同じように頭皮にもケアを怠りなく。頭皮のケアが、顔にも髪にもよい影響をもたらします。フェイシャルケアを2回やるならば、フェイシャルを1回にして、もう1回はヘッドスパへあててみるのもオススメです。
posted by 美容師 at 16:39| ヘッドスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

冬のヘアケア

今回は冬のヘアケアについてです。
冬は乾燥していますので髪もパサついたり、ブラシを通したら静電気でまとまらなくなったりします。

パサつきには洗い流さないトリートメントが効果的です。少し毛先を濡らしてから洗い流さないトリートメントをつけて下さい。なぜ毛先を濡らすかと言うと、乾いた状態でトリートメントを付けると乾燥している髪に吸収されてしまい沢山のトリートメントを使わないと髪全体にトリートメントが行き渡らないからです。

それからトリートメントは髪の長さの毛先から中間まで半分を目安につけて下さい。根元から中間までは髪のダメージが殆どなくて健康な髪ですし、髪のダメージは殆どが毛先に集中しているからです。

ブラシをかけたら髪が持ち上がってしまうのを防ぐには、ブラシを少し濡らしてみるのも方法です。高級ブラシをお使いの方にはお奨めできませんが・・・・

posted by 美容師 at 23:22| 髪の毛を傷めない方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

スタイリング剤の選び方

 スタイリングの剤の選び方ですが、皆さんはとりあえずワックスでもつけておけばOKと思っていませんか?今回はスタイリング剤別にお話をさせて頂きます。

ヘアワックス
今のところ一番便利なスタイリング剤。毛束感を出したり、毛先を遊ばせたり出来る。セット力の強いハードタイプから、香りを付けるだけのソフトタイプまで種類も豊富。しかしヘアスタイルに合った物をチョイスしないと失敗も多い。
おすすめのワックスはコチラ
色々選べます。

ヘアスプレー
昔からあるスタイリング剤。前髪をふわっと作ったり、完成したヘアスタイルをキープするための仕上げなどに使われる。かけ過ぎると匂いがきつくなる。
おすすめのスプレーはコチラ
匂いがソフトです。


ヘアクリーム・ヘアミルク
髪を固めず、柔らかに表面を整え、潤い感をキープする効果がある。
セット力が殆どないので、固めようとして多くつけ過ぎると、ベタベタしてしまい逆効果。
おすすめヘアクリームはコチラ
王道ですね。

ヘアウォーター
寝癖を直したり、スタイリングをしやすくする。ドライヤーの熱から髪を守る成分を配合したものもある。しかし、殆どの美容師はヘアウォターで寝癖を直すよりも、髪をシャワー等で全体的に濡らしてしまった方が、全体的なスタイリングをし易いと思っている。
おすすめ?ヘアウォーターはコチラ
無難かな


ヘアフォーム・ムース
ワックスが売れる前は主流だったスタイリング剤。ストレート用・パーマ用・ダメージケア用など色々なタイプがある。伸ばしやすく髪全体に使いやすい。しかし、乾いてから指やブラシを通してしまうと、パサパサしてしまったり、白い粉が出て来てしまったりすることがあるので、つけた後は触らないのが鉄則。
おすすめヘアフォームはコチラ
サロンでも使ってます。
posted by 美容師 at 18:03| スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

簡単なヘアスタイルの作り方

スタイリング剤を使った、簡単なヘアスタイルの作り方を紹介します。

最初に、ヘアスプレーですが肩より上のショートからミディアム位のヘアスタイルの方は、スプレーを使うと効果的です。

大まかにブローをした後、トップなどのふわっとさせたい部分の髪を持ち上げ、内側の根元にシュッと短めにスプレーをかけます。
そうする事でボリュームがキープできます。

次に、髪の根元から両手で揉み込み、ふわりとしたトップを作っていきましょう。スプレーする度に、ふわふわになります。仕上げに毛先を整えて。

パーマ用フォーム・ムースを、使ったヘアスタイルの作り方。
髪を軽く湿らせてパーマラインをきれいに出したら、フォームをカール全体にくしゅくしゅと揉み込むようにつけていきます。

カールをゆるくねじって手の中に丸め込んで、ドライヤーをあてて乾かせば、くるんとしたカールヘアの完成。

posted by 美容師 at 23:10| スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

ドライヤーで髪を傷めないポイント

 「ドライヤーって髪を傷める」と思っているお客様って意外と多いんです。でも、上手に使えば髪を良くしてくれるアイテムになります。

ドライヤーの使い方のポイント

1 ドライヤーで乾かす前に、タオルなどでよく水分を切っておく。(これをきちんと行うとドライヤーをかける時間が半分近く短縮できます)

2 風量の多いドライヤーを使い、風で水を吹き飛ばすイメージで毛先に向けて風を当てる。(長い時間ドライヤーをかけ続けると痛みの原因になります)

3 ドライヤーと髪の毛は15センチ以上離し、一箇所を集中的に乾かすのではなく色々な所を、満遍なく乾かす。(一箇所に集中すると毛が燃えます)

4 地肌を軽くこするように風を入れて、根元をしっかりと乾かす。(根元をしっかりと乾かさないと切れ毛や枝毛の原因になります)

5 濡れている状態でブラシを入れてしまうと髪が傷みやすいので、ブラシは乾く直前に使用するのがベストです。

是非、実践してみてください。
posted by 美容師 at 05:34| 髪の毛を傷めない方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

スタイリングのコツ1

 前回は、スタイリングのメカニズム「水素結合」について書いたので、今日は「スタイリングのコツ」を書きたいと思います。

1、寝ぐせをすばやく効果的に直す方法
  寝ぐせは、寝ている間に「水素結合」が出来てくせが付いてしまった状態です。そのため、スタイリング  する際は最初に十分に湿らせて、形を自由に変えられるようにしましょう。紙の流れを決めるのは根元なので、ちょっと毛先を濡らす程度ではなく、根元や内側にもたっぷりと水分を含ませる事がポイントです。

2、ヘアスタイルをしっかりとキープする方法
  ヘアスタイルを決めるポイントは、根元から流れをそろえて乾かす事です。まず、髪の根元にドライヤーの風を送り、髪がさらさらになるまで乾かしましょう。(約80%ドライ)
  そして髪が乾ききる間際に表面や毛先の形を手やブラシを使って決めたら暖かい風を当ててから、仕上げに冷たい冷風を当てます。仕上げに冷風を当てて整えるとスタイルが長持ちします。

posted by 美容師 at 06:38| スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

スタイリングのメカニズム

 髪を構成するタンパク質には「水素結合」という髪の形に関する結合のひとつがあります。

この「水素結合」は髪が水に濡れると結合が切れて、自由に髪の形を変えられる状態になります。そして、髪が乾いて水分がなくなる瞬間に再び「水素結合」がつながり、新しい形で髪に固定されます。

雨に日はいつもよりヘアスタイルが崩れやすくなります。これは、髪が湿気を吸収することで「水素結合」が切れてしまい、せっかくスタイリングした髪が元の状態に戻ってしまうためです。

また、お風呂上がりなどに髪の内側までよく乾かさずに寝ると、寝ている状態で「水素結合」が出来てしまい、寝ぐせになってしまいます。さらに、乾かさずに寝てしまう事は前にも書きましたが、髪が傷む原因になるので注意しましょう。

スタイリングはこの「水素結合」の仕組みを利用して行うものです。まず、髪を濡らして「水素結合」を切って形を変えられる状態にし、ストレートヘアにしたい場合は髪をまっすぐに伸ばしながら上から下に向かってドライヤーで乾かす、カールヘアーにしたい場合は髪をくるっと丸めた状態で手の中に置いてドライヤーの弱い風で乾かすと良いでしょう。
posted by 美容師 at 06:19| スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

スタイリングのコツ

 ゆるやかなパーマラインを出したり、今朝気に動きをつけたりと毎日のヘアスタイリングをすることは、女性にとってメイクと同じくらい疲れますよね。

しかし、イメージ通りの髪型をスタイリングしたつもりが、直ぐに崩れてしまったり、うねってしまったり・・・・・こんな事ってありませんか?

失敗の原因は、根元から毛先まで髪全体をしっかりと乾かしていない事にあります。髪は乾く瞬間に形がつくため、形を作りながら髪全体を良く乾かす事がスタイリングの成否を決めるのです。

次回は、スタイリングのメカニズムについて書きたいと思います。
posted by 美容師 at 06:38| スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップページに戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。